2016年09月29日

また一つ歳を重ねる。それから…。

一昨日の9月27日。
わたくし50歳になりました。
半世紀生きる事が出来ました。
この歳まで生きて来られた事に感謝します。

そして皆様。

お祝いのお言葉、本当にありがとうございます!
心から感謝致します!
少しずつ御返事をさせて頂きます。

何かが変わったかと言うと大きくは何も変わらないです。
ただ、ちょっとだけハードルを越えたかも知れません。
それは単に4から5に変わっただけですが…。
20歳の頃には想像してなかった自分が今ここに存在しています。

そして…
ちょっとだけおセンチになってる自分がいます。
この感覚を忘れないようにしよう。
今日から50歳です。

長々と失礼致しました。

これからも日々精進していきます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます❗️

閑話休題

わたくし10月に舞台に立ちます。
ミステリーの巨匠「アガサ・クリスティ」の名作「そして誰もいなくなった」をやります。
この作品は小説、戯曲、映画にもなっている作品で、どれも結末が違います。


ULPS第10回公演
「そして誰もいなくなった」
作・アガサ・クリスティ
演出・中込俊太郎
@シアターKASSAI

【日時】
10月5日(水)14:00A*/19:00B*
10月6日(木)14:00B/19:00A
10月7日(金)14:00A/19:00B
10月8日(土)14:00B/19:00A
10月9日(日)12:00A/16:30B

【チケット】
前売3200円  当日3500円
*初日割3000円

【キャスト】
シングル:沖考二、中島佐知子、宇佐見聡之
A:鳩岡大輔、山咲なつみ、恒松悠太、久賀健治、大倉一仁、乃村裕、加藤大騎、本野春夫
B : 山下健太、水野らむね、須加ア幸憲、笠倉祥文、さわたりちひろ、笹井千恵子、富真道、児玉信夫

今回はダブルキャストになります。
加藤はAに出ます。

【スタッフ】
舞台監督:大河原敦
照明:太田明希
音響:余田崇徳
宣伝美術:下嶋亜由美
台本構成:大西弘記(TOKYOハンバーグ)
制作:ULPS
協力:乙女装置/チームガンバリーヤ/ARCADIA/劇団軌跡/賢プロダクション/演塾NANA+/株式会社GFA/譚倶楽部/さわたり組/ケンユウオフィス/劇団自由童子/タイムリーオフィス
中野亮輔/古田島啓介

【ストーリー】
或る夏の日の出来事。
とある島に招待された10人の男女。
避暑地でゆっくりと楽しい夏の日々を過ごし予定が…。
何かのキッカケで、一人また一人と暴かれていく真実。
そして…。

【チケット購入方法】
から購入出来ます!

アガサ・クリスティの名作を是非御堪能下さい。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました。
お忙しい中とは思いますが、是非御覧頂けたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

御連絡お待ちしております。


387D5670-2497-4DE0-9C04-5A015448AF5D.jpg



2016年9月吉日
加藤大騎
posted by 加藤大騎 at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする