2017年08月08日

「卒業」そして俺の若い頃。

久し振りにダスティン・ホフマンの「卒業」を見て涙する。

AC010161-F8E2-411C-A0EF-511B466BFCC9.jpg


まあ、こいつのやってる事は最低なことなんだけど…。

でもキャストのやりきれない感情や持って行きようのない感情についつい涙が…。


そしてラストシーン。


「卒業」のラストシーンと言えば

自ずと知れた、結婚式で花嫁を奪う感動のシーン…。


9CA2F38C-C54A-4C11-B051-320FFB506AC1.jpg

だがそこではない。

その先だ。

花嫁を奪い、バスに乗って逃げ出したダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスの不安な表情が何とも言えないくらい素晴らしい!

感情的に行動した二人だが…

これから僕たちはどうなるんだろう…

そんな不安をしっかり残してこの映画は終わる。

素晴らしい!


しかしこの「卒業」という映画。

今の時代だとストーカーと言われてしまうのだろうか?

こんな事当たり前だったのに。。。



自分がまだ大学生だった頃。

まず免許を取るためにバイトをして、車を買う為にバイトをして、車を買ったらみんなで何台か連ねてドライブに行く。
自分はバイク小僧だったのでバイクで移動。
みんなでどこかに行く。
それがすごく楽しかった。

そしてようやく車を手に入れた20代前半。
車は当時流行ったホンダのシテイ。

CC5A5071-8FB3-4D2E-8C63-D1C108307F25.jpg

これの紺バージョン。

お目当ての女性を誘い二人でドライブに行く。

誘う時にドキドキして、行くと決まってドキドキして、二人でドライブしていてドキドキしてる。
そして、次に会う約束を尋ねるのにドキドキし、振られてドキドキ。OKを貰ってドキドキ。次のドライブでめドキドキ。

日々ドキドキの連続だった。

そして時には…

青春に突っ走り…

夜中に車を飛ばして女の家に行き、二人でそのまま朝まで色々なところに行った。

一人の時は高速を飛ばして遠くまで走り…。
朝帰ってきて仕事に行く。


うーん。
青春してたな…。

今考えるとそんな事よく出来たと思う。


しかしね。

当時のキュンキュンくる感覚や、居ても立ってもいられなくなり思わず叫んでしまう感覚。

今考えるだけでちょっとソワソワしてしまうけど…

忘れないようにしないとな…。



卒業を観て思わず若い頃思い出した加藤大騎でした!






posted by 加藤大騎 at 14:23| 東京 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする