2012年05月14日

釜山からの帰国!

10日から12日まで釜山国際短編映画祭に参加するため釜山に行ってきました!

「KIDNEY」の三ツ橋監督、共演者の名倉右喬、福田温子も一緒です!


しかし、街はどこもかしこもハングル語。

当たり前だけど・・・。

でも街並は日本とさほど変わらない・・・。

不思議な気分。



10日は前夜祭!

レッドカーペットを歩いて会場に入る!

初レッドカーペットだ!

中には巨大スクリーン!

レッドカーペットから入場の模様が映し出されている。


そして・・・

特別ゲストが続々入場!


その中には犬童一心監督がいた!


セレモニーが終り、レセプションへ!

立食パーティーだ!



とりあえず・・・



食う!



そして・・・


犬童監督にご挨拶。

とても気さくで素敵な方だ!



11日。午前中に釜山を観光。

午後から映画祭に参加!

日本から「KIDNEY」含む4作品がノミネートされ、一つのカテゴリーとして上映される。


上映開始は17時30分〜。

それまで他の作品を観賞。

フランス映画だった。

・・・・・。

字幕はハングル語。

何を言ってるかは、ほとんど分からない。


映像を観てストーリーは分かるが、やっぱり言葉は大切だな・・・。



しかし・・・



お客の数、4〜5人。


え?こんなに少ないの?

上映会場が分散しているとはいえ・・・。

これでは・・・。



17時30分。


お客の数・・・。


ん?


お〜かなり入っている!

良かった〜!


犬童監督も観に来てくださった!



4作品が上映され、舞台挨拶!


中には「KIDNEY」を観たかったという学生もいて思わず感激!



日本の4作品はどれも素晴らしかった!

http://www.bisff.org/kor2012/sub3_2_5.php

お世辞ではなく、言葉を越えて伝わるものがあった!

すごい!





夜は交流会へ!


犬童監督とも色々お話が出来て、すごく勉強になった!

監督の映画への情熱は半端じゃない!

すごくエネルギーを頂いた!

ありがとうございます!

写真も撮らせて頂きました!





そして・・・



12日・・・・


帰 国 !



最後に

今回すごくお世話になりました福岡インディペンデント映画祭関係者の方々には本当に感謝してます!

http://www.facebook.com/fidff/posts/190997234354689

また、韓国で色々とお世話をして頂いたスタッフの方々本当にありがとうございました!

また来年も参加できるように精進します!

いや必ず釜山に行きます!


加藤大騎




posted by 加藤大騎 at 13:52| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。