2018年06月20日

とても奇妙な事…。

EC10267A-AFB1-4363-A20B-1EB6DC227CCE.jpg

一昨日、家の前にダンボール箱が捨てられていた。
しかも3つも。

それは朝、家を出る時に発覚した。

という事は昨夜のうちに捨てられたのか…。

「誰だ?」

箱を見るとまだ伝票が貼り付けてある。

めちゃくちゃ近所のアパートだった。

なぜダンボールを捨てたのか?

しかも自分の家の前に。

嫌がらせ?

たまたま?


翌日。


是非理由を聞いてみようとその部屋に行ってみた。


しかし…


その家のドアノブにはキーボックスが掛けられていた。

これは…。

ドアをノックしても返事は無く、インターホーンを押しても鳴らない。

多分配電盤から電気を止めてるのだろう。

どうやら引越しをしたらしい。



伝票の日付は6/17。

ダンボールが捨てられた前の日。


考えられるのは…。

引越しの時にダンボールを勝手にゴミ捨て場に捨てて、捨てる曜日が違うからと誰かが自分の家の前に置いたのか?
という事は、うちが捨てたと思われたのか?
それも失礼な話だ…。



とにかくアパートの管理会社に電話をして事情を話した。


すると…。



その部屋は半年前から誰も住んでいないと言う。

「え?」

伝票に書いてあった名前を言ってみた。

だが、そんな人は住んでいなかった。

じゃあ半年前は誰が住んでいたのか?

管理会社は個人情報だからとそれ以上は教えてくれなかった。



誰も住んでいない部屋に荷物が届いて、その空箱がうちの家の前に捨ててあった。

「え?どういう事?」

とても不気味だ…。


自分がこのダンボールを捨てれば済む話だが、どうしても捨てられた経緯が知りたくて、この荷物を届けた◯川急便に連絡をして事情を説明した。

伝票が残っていたので、誰が誰に届けたかが分かる。

最悪、届けた宅配業者の人が中身を抜き取って、空箱を捨てたという事も…。

まあ、あり得ない話だが…。
だったら伝票は剥がすだろうし、そんな事をやって見つかったら間違いなく警察沙汰になる。

しかし…。



宅配業者の返答は、今日は担当者が休みなので、明日連絡するとの事。



ますます怪しい…。


そして…。



宅配業者から電話があった。

とりあえずダンボールを引き取りに来るという。


誰に荷物を届けたのか経緯を聞こうと思ったが…。

興味本意で詮索してもあまり意味もないので、それ以上は何も言わずダンボールは引き取って貰った。

何故?人が住んでいない部屋に荷物が届けられ…

何故?その空箱がうちに捨てられていたのか…。

この事件は迷宮入りしてしまった。


とりあえず現場の写真は押さえてある。


もし何か事情が発覚したら


この場を借りて説明しよう。




加藤大騎

posted by 加藤大騎 at 12:59| 東京 ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。